読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケティングテクノロジーを考えるブログ

アプリ開発・アドネットワーク運営を経てマーケティングオートメーションの事業化を推進しています。

「次世代のモバイルアドテク・ソリューション」から考える5つのサービス

ご無沙汰しております!
すでにお知らせさせていただきましたが、本年の1月1日をもって株式会社フルセイルは親会社の株式会社ベーシックと吸収合併、そして2月1日をもって、スマートフォン向けアフィリエイト広告事業「GAMEFEAT(ゲームフィート)」を株式会社レントラックス様に事業譲渡いたしました。
 
ブログタイトルも心機一転しまして、再スタートです。今後ともよろしくお願いいたします。
 
さて、先日BRIDGEでこちらの記事を読んでいたところふと気になる箇所が出てきました。

thebridge.jp

 記事タイトルだけ見ると「これからのゲームはHTML5でしょ」という感じなのかな?と想像しましたが、実際はWebとネイティブそれぞれのメリットを生かしてハイブリッド的に使いましょうという内容でした。
HTML5版とネイティヴ版の双方を組み合わせることで、リーチとリテンションが相互補完できるのに加え、ここから HTML5 は新世代のモバイルアドテク・ソリューションを生み出せないだろうか?

 これを読んだとき、この方とは気が合いそうだと思いました。なぜならこれはゲームだけに限らず、様々なネットサービスにおいて今後集客のベースになる考え方だと以前から思っていたからです。きっかけは去年読んだ、スマホとアプリの利用の比較において利用時間は圧倒的にアプリだけど接触数はWebが多い、という話でした。

 
ゲームの場合リッチな表現が必要になるのでHTML5ですが、要はWebとアプリの組み合わせ利用でどうやってユーザー拡大していくか?ということです。人気のあるソーシャル系サービスではWebとアプリ両方で使っているじゃん、と思いそうですが、これらはすでに多数のユーザーにリーチしていてどうやって接触面を増やすかというフェーズですので今回の趣旨とはちょっと異なります。アテンション獲得にまだ大きな比重や課題があるようなサービスにおける話です。
 
このように考えたいくつかの背景があります。
 
・検索、ソーシャル、広告などのチャネルからアプリストアに送客できてもアクセス解析的な情報が取りづらく、チャネルごとの効果測定や流入の改善をしたりといったことがやりづらい
 
・Webに比べてアプリは、サイト内の行動を目標設定したり、効果検証や改善がやりづらい。特にiOSの場合、アップデートに時間がかかる。
 
・アプリのプッシュ通知は強力。ダウンロードというハードルを越え、プッシュ通知を許可してもらえば最も強力なリテンション施策が可能になる
 
・いつまでたってもアプリストアの検索がしょぼい(特にApp Store)
 
要は、アプリとWebの断絶、仕様の違いにより、マーケティング上の係数管理と一貫した施策がやりづらいという問題 です。
 
このあたりをふまえると、サービス初期の接触において接触回数をあげたり初期のエンゲージメント構築においてはPDCAしやすいWeb、晴れてアプリをダウンロードしてもらえたらプッシュ通知やディープリンクによるリテンション向上(そして何よりもホーム画面にアプリアイコンがある!)というのが効率的な流れなのではないかと考えていました。
 
図にするとこんな感じでしょうか。

f:id:advens:20160317003237p:plain

 例えば、アプリインストールの直前にWebを配置することで、アプリをインストールしていないユーザーにもWebプッシュで低コストのアプローチができる、とかそんな風に考えます。すでに世にあるいくつかのサービスはこれに近い流れになっていますよね。グルメとかレシピ系のサービスなど。
 
「次世代のモバイルアドテク・ソリューション」はこんなサイクルと特性を前提として生まれてくるのかもしれません。というかもう出てきています。Webを活用しながらユーザーと浅めの関係を作り、そこから一定の割合でダウンロードにつなげ利用頻度を上げていく、というフローをサポートできるソリューション。
 
そんなことをふまえつつ、このサイクルの中で活かせそうな、実際にあったらいいなというサービスをいくつか考えてみました。(本当にできるかどうかは不明です。すいません。)
 
①流入経路に応じてコンテンツを一つのアプリで切り替えられるアプリベースのプラットフォーム。特にアプリを自前で開発するのが難しいECサイトなどがターゲット。ホーム画面にアイコン増えるのが嫌な人は多いですし。Appleの審査が通るかは謎ですが。
 
②接触初期の流入経路やユーザー行動をもとにしたWebプッシュ通知を配信できるサービス。Webサイト再来訪だけでなくアプリインストールなど柔軟に訴求できる(iOSは非対応)
 
③アプリのデータを利用して、集客用のWebサイトの各種データを自動で作ってくれるサービス。
 
④コンテンツマーケティング的な手法で集客し、アプリダウンロードまでつなげられるマーケティングオートメーション(MA)ツール
 
⑤ディープリンクを活用した、インストール済みアプリ内のトランザクションに対するアフィリエイト広告(もうあったような気もする・・)
 
これらはWebと親和性の高いメディア系サービスよりも、特定用途向けのサービスの方がが向いていると思います。
 
なんだかんだでまだアプリとWebが断絶されている感がありますが、どちらかだけではなくそれぞれが役割があって全体でUXを形成するという流れが強くなってくるのかもしれないですね。
 

Googleの逆襲がいよいよ始まるのかもしれない

先日のブログでNow on TapでGoogleがSNSに逆襲してきているんじゃないか、というようなことを書いたのですがちょうどこんな記事がありました。
Googleの親会社アルファベット社のスポークスマンは、「ウォールストリート・ジャーナル」に対して「Google検索エンジンによる、Facebookモバイルアプリ内の情報クロール、およびインデックス化ができ始めている」と、明かした。
 
この両社の協力により、Googleはより大きな検索トラフィックを、Facebookは新しいオーディエンスの獲得機会を、それぞれ得られることになる。

これを読んで、逆襲は本当にあるのかも・・と思いました。

 
記事ではこの取り組みから広告ビジネスモデルをどうやって両立させるかが課題、といううニュアンスを感じますが、Googleの成り立ちを考えると今すぐどうこうしようって感じではない気がしました。それよりもFacebookがディープリンク対応して外部からのトラフィックを得ようとしているということが重要だと思います。この取り組みがうまくいけば(想定通りFacebookのトラフィックと広告収益が増えれば)それはそのままGoogleの価値になるわけです。加えて前述のNow on Tapで、よりFacebookを便利に使える機能が提供できれば、ディープリンクは止めづらくなる・・という状況を狙っているのかもしれません。
 
まるで昔のインドの世界観で出てくる象とか亀の絵、あれの一番下のポジションを奪い合っているイメージですね。

NTO(Now on Tap Optimization)の時代が来るかもしれないという話

ついに日本でもAndroidでNow on Tapが使えるようになりました。全Androidユーザーが使えるようになるまでは時間がかかりそうですが、個人的にはひさしぶりにスマホでイノベーションを感じた体験でした。

何ができるかについてはすでにいろいろなところで紹介されていますが、要は今使っているアプリや見ているブラウザ画面の内容から、利用者が次に何を探すのか、どんな行動をとるのかを予測し、それに合わせた機能を提示してくれるというものです。

たとえば、食べログで「ラーメン二郎神田神保町店」にアクセスしてNow on Tapしてみると、検索や地図、ストリートビューといった選択肢が出てきますね。ブラウザでもアプリでも同じのが出ます。食べログでお店をみつけたら次は行き方を調べるというのは自然な流れですしこれは確かに便利です。

ただ、よく考えてみるとここでNow on Tap経由でGoogle Mapアプリを使うのは食べログからすると望んでいない利用方法である可能性があります。PVに影響したり、食べログ内の地図から使う機能を使ってもらえなくなるかもしれないからです。

では次はクックパッドを使ってみます。私の好きな「うまうま中華風焼きうどん」を開いて、Now on Tapすると・・今度は「料理名で検索」しか出てきません。この時点で検索して来ているので余計なお世話って感じです。

クックパッドでレシピを見た後の行動として考えられるのは材料を買いに行ったり、実際に作り始めるというリアルな行動が多いです。レシピに必要な食材が買えるサイトを提示する、というのもなくはないですが、ちょっと無理がある気がします。Googleもここまではついてこれないかというか。(作り方の動画とかならおおいにアリだと思います)

この2つのケースから決めつけるのは尚早だとは思いますが、ふと感じたのは「サイト上で提供しているサービスや機能の一部を持っていかれてしまうんじゃないか」ということ。確かにユーザーの利便性を考えるとそのほうがいいケースもありますし、これを機に本当に役立つコンテンツを提供しようというきっかけになるかもしれません。長期的に見ればいいことなんだとは思います。

今後もネット上で調べられることはどんどんNow on Tapがショートカットしてつなげていくという流れは加速しそうです。特にクリックで他サイトに送客しているサービスは大きな影響を受けるかもしれません。であればサービスを提供する側もそういう利用を前提として、変な流れになってしまってないか、そこで容易に代替されない価値のあるサービスを提供できているかなどを意識する必要が出てくるのではないでしょうか。

今や(とっくに)SEOが無視できない存在になったように、今後はサービスを作ったら、Now on Tapをしまくり、意図した遷移になっているか、サイト内の機能とカニバっていないかという作業が冗談ではなく必要になってくるかもしれないと思いました。いわばNTO(Now on Tap Optimization)というわけです。

Googleはこれまで検索ワードを中心にユーザーのインテントを把握してきました。それが2次元だとすると、今回のNow on Tapは3次元になっちゃったくらいのインパクトを感じます(現状はまだ2次元的ですが)。Androidを提供している立場を利用して検索ワードだけではできなかった意図をつかみ始めているようなイメージです。しかも始まったばかりで今後はもっと精度が高くなるという話ですし。

ここ数年のGoogleはSNS領域ではパッとしませんでしたが、さらに上のレイヤーで逆襲してきている気がして、あらためてGoogle恐るべしと思った次第です・・・

 

モバイルウェブとアプリのトラフィック差からそれぞれの役割を考える

f:id:advens:20150930093305p:plain

先日、海外のITメディアのVentureBeatで気になる記事を見つけました。
スマホ上の、モバイルウェブとアプリ、それぞれのトラフィックの比較です。とっくにアプリがぶっちぎりだと思っていたのですが、ユニークユーザー数においてはモバイルがウェブが上回っており、依然として成長率も高いという話でした。その内訳まではわかりませんでしたが、基本はソーシャルメディアと検索エンジンでしょう。内訳知りたいですね。もちろん、利用時間ではアプリがぶっちぎりですが。
 
さらに記事の中では米国の主要サービス(YouTubeとかInstagramとか・・)における、ウェブとアプリのユニークユーザーの比較がありました。さすがにこのレベルのサービスだとアプリのほうが多いですね。
 
全体ではモバイルウェブが上回っているけど、主要サービスではアプリ、じゃあどの領域でモバイルウェブが勢いあるの?というのが当然でてくる疑問ですよね。さらに読み進めると出てくるのですが、どうやら小売、金融、保険、旅行といった生活に近いサービスがそれに該当しているようです。
 
これはどういうことなのか?を考えてみました。
 
・これらサービスは目的ベース(検索経由)のアクセスが多い
・主要サービスのアプリ内で展開されている広告に出稿しているから=まずアテンションを取りたいサービスのにおいてはWebページのような存在の仕方が向いている
 
これくらいしか思いつきませんでした。
 
何が言いたいかというと、
今までスマホは断然アプリだぜ!みたいなノリがありました。それに対してモバイルウェブだけで
あることの理由として「アプリ作るコストが・・」「どう作ればいいかわからない」「特に必要と感じていない」「アプリにするほどの機能がない」などの、ある意味ネガテイブというか、少なくとも積極的ではない背景が多かったように思います。
 
今回の記事はそれらネガティブめな理由でもなければ、サービスのアーキテクチャ上の理由とも違う領域からモバイルウェブであることの根拠を考えるきっかけになりました。もちろん弊社で運営するサービスやWebマーケティング関連の活動にも関わってきますので引き続きウォッチしていきたいと思います。
 

見ているサイトをSimilarWeb(シミラーウェブ)でサクッとチェックできるブックマークレットを作りました

ご無沙汰しております!

1ヶ月半ぶりくらいでしょうか。
 
正直書くネタがなかなか見つからないというか・・特に立場的にふさわしい内容かとか気にし始めると全然ダメですね。まずはアウトプットしないと始まらないのはわかっているのですが。
 
というわけで今回はちょっと毛色の違う記事です。
 
ちょうど昨日弊社(親会社であるベーシック)で運営中のferretにてSimilarWeb(シミラーウェブ)の独占インタビューが掲載されていました。SimilarWeb、ご存知でしょうか?もはやウェブマーケティングに関わる方には説明不要と思いますが、ウェブサイトのトラフィック量や流入経路といった、中の人にしかわからない情報が簡単にチェックできちゃうんですよね。すごい便利です。
ferret-plus.com
 
基本的にはチェックしたいウェブサイトのドメインをコピーして、SimilarWebのサイトのフォームに入力すればチェックできるんですが、特にスマホだとこの作業が意外に面倒です。で、閲覧中のサイトをワンタップでSimilarWebチェックできるブックマークレットを作ってみました。(ご利用は自己責任でお願いします)

javascript:(function(){var url = location.href;location.href = 'http://www.similarweb.com/website/'+ url})();

「SimilarWeb」とかの名前でブックマーク名を新規作成して、上記コードをコピーしてURL欄に登録してください。
※なぜか直接リンクできなかったのでお手数ですがコピーお願いします。
 
iOSだとSafariのブックマークに登録すると使えます。Androidはちょっとわかりません。
一度登録したら、調べたいサイトを見ているときにブックマークから呼び出せばそのままSimilarWebのサイトに移動してチェックできます。
 
これでいちいちURLをコピーしてSimilarWebのサイトにアクセスして検索する手間がなくなります。あとはSimilarWeb自体もっとモバイルフレンドリーになってくれれば最高ですね!
 
というわけでよろしければ使ってみてください。

言ってみるもの

昨日、ちょっといいことがありました。
 
現在開発しているアプリのことなんですが、どうもメモリの制御がうまくできず、しばらく動かしていると落ちてしまうということがありました。対症療法的に対策をし、頻度を減らしたりはできたのですがなんだか根治していないというか原因不明な感じだったのです。
 
で、とりあえず知見ありそうなメンバー数人に見てもらってみました。正直その瞬間は私はもちろん、当事者のエンジニアたちもあまり期待していなかったようなのですが、意外なことにお昼頃に「朝のあれ、治りました」と言われたのです。
 
ここまでは、めでたしめでたしという話なのですが、これは今後の教訓になるんじゃないかと思いました。
 
・わからないときに人に聞いたりする、というのは誰しもが当然とは思っているけど、そのわからない当事者は意外にそういう行動がとれないもの。こういう時こそ周りからサポートする。
 
・机を並べているエンジニア同士でもお互いの得意技?は意外に知らない。用語化されているような技術スキルはそうでもないですが、特に性質面から来る長所は認識が曖昧だったりする。これは職種によらずそうだと思います。
 
というわけで今後気を付けたり、仕組み的にやれるところはそうしていこうと思った次第です。

フルセイル設立1周年!

f:id:basicbloggers:20150317115916j:plain

去る3月10日に株式会社フルセイルは設立1周年を迎えました!
設立前から親会社であるベーシックのアプリマーケティング事業部として活動していたので、1年とだけ聞くと短い気もします。
 
何度も書いているのですが、特にこの1年はいろいろなことがありました。アプリ領域ならではの環境変化や思い通りにいかないこともありましたが、事業や組織の成長といったことも経験できました。
 
事業年度としてはすでに2期目に入っていますが、次の3月10日はどんな姿で迎えるか、今から楽しみです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。